2021年06月13日

2021年6月13日主日礼拝

2021年6月13日聖霊降臨節第4主日

<教会学校>
聖書   マルコ福音書3章1−6節
説教   「安息日に手の萎えた人をいやす」吉田姉
出席   幼小3、中高4、父母2、教師8

<主日礼拝>
聖書   フィリピの信徒への手紙2章12−18節
讃美歌  68、450、338
交読詩編 詩編32編
説教  「キリストの日に誇る」
出席   31名(子供1)
*礼拝において、藤田洋一兄の役員任職式をいたしました。
*礼拝後に教会学校教師会がありました。

<説教要旨>
*「こうして私は、無駄に走ったわけでも、無駄に労苦したわけでもなかったと、キリストの日に
誇ることができるでしょう」(16節)とパウロはフィリピ教会の人々に書いている。終わりの日、
キリストが来臨される時、キリスト者は主の御前に招かれる。その時、キリストを信じて生き抜い
たことは無駄ではなかったと誇ることができる。パウロは自らの死を覚悟して、この事を語った。
このパウロの手紙を読んで、フィリピ教会の人々は奮い立ったことだろう。パウロによって創設さ
れたこのフィリピ教会を皆で一緒に担って行こう、という思いになったに違いない。それは、今日、
ここに集まる私たちも同じである。
*中村町教会の創立者、上田公子牧師に関する貴重な資料が見つかった。昭和9年に夫・上田丈夫牧
師が急逝した時、公子夫人は「これからどうしたらいいかわからない」と悲嘆に暮れた。その悲痛な
文章が遺っている。当時、公子夫人37歳。しかし、その直後に公子夫人は日本神学校に入学し、3年後、
卒業して婦人伝道師になった。戦時下を生き抜き、昭和27年6月15日に還暦近くなった上田公子牧師が
丈夫牧師の志を実現し、この地に教会を建てた。これが中村町教会の始まりである。中村町教会はその
後、消滅の危機に陥った。昭和47年に礼拝を休止した。しかし、阿佐ヶ谷東教会の方々によって接ぎ木
され再建されたが、頼みの高崎牧師を失い、またしても危機に陥った。ひたすら苦労が続いたにもかか
わらず、上田牧師や高崎牧師の志を共有する信徒たちが教会を担い、今日に至っている。パウロが「走
ったこと、労苦したことは無駄ではない。キリストの日にそれを誇ることができる」とフィリピ教会に
書いたことは、私たちの教会にもあてはまる。いや、これは私たち自身の思いである。
*私たちの信仰生活も山あり、谷ありで、苦労は多い。しかしキリストのために走ったことが無駄では
なく、労苦したことも無駄ではなかった、とキリストの日に誇ることができるという言葉を与えられて
いる。この励ましの言葉を握りしめて、共に歩もう。
posted by nakamuracho at 13:14| Comment(0) | 礼拝記録

2021年06月06日

2021年6月6日主日礼拝

2021年6月6日聖霊降臨節第3主日

<教会学校>
聖書  マルコ福音書2章13−17節
説教  「徴税人レビを弟子にする」赤坂姉
出席  幼小3、中高1、父母2、教師10

<主日礼拝>
聖書   使徒言行録17章22−34節
讃美歌  67、220、513
交読詩編 25編1−11節
説教   「アテネで福音を語る」小友絹代牧師
出席   33名(子供1)
*礼拝後に定例役員会がありました。
*9日(水)午前10:30より聖書研究祈祷会があります。

<説教要旨>
*パウロはアテネで伝道しました。アレオパゴスで、多くの知識人たちを相手に論じました。偶像で溢れて
いたアテネの町で、人々はパウロの話を聞き、僅かの人々は信仰に入りました。
*しかし、パウロの語る言葉は人々の心に届きませんでした。パウロは早々とアテネを去りました。なぜアテネに留まらなかったか。それはアテネでの伝道は失敗だったからです。パウロは自信を喪失したのです。
*人間の知恵では伝道はできません。パウロは打ち砕かれてそのことを知りました。大事なのは雄弁さではありません。人はキリストを知ることで救われるのです。十字架につけられたキリスト、このキリストを知り、このキリストに出会うことで人は救われる。パウロ自身がその再発見をしたのです。伝道は伝道者の力量に依りません。キリストを証言する。そこに聖霊が働きます。パウロの挫折から見えて来るものがあります。パウロは信仰の原点に立ち返らされたのです。
posted by nakamuracho at 15:07| Comment(0) | 礼拝記録

2021年05月30日

2021年5月30日主日礼拝

2021年5月30日聖霊降臨節第3主日

<教会学校>
聖書  マルコ福音書2章1−12節
説教  「主イエス、中風の人をいやし、罪を赦す」久慈姉
出席  幼小4、中高0、父母2、教師10

<主日礼拝>
聖書   エフェソの信徒への手紙1章3−14節
讃美歌  67、500、282
交読詩編 100編
説教  「恵みによって」小友聡牧師
出席   33名(子供1)
*6月20日(日)主日礼拝に山森風花伝道師をお招きします。

<説教要旨>
*天地創造の前から神はキリストによって私たちを愛し、私たちを選んでくださったと記されます。父なる神は天地創造の前に、独り子キリストを地上に遣わし私たち人間の罪を赦す計画を定めておられました。このキリストの選びによって、キリストを信じる私たちもまた神に選ばれ、神の子とされるのです。私たちが生まれる前から選ばれていたということはそういうことです。
*「時が満ちるという御計画のため」と記されています。時が満ちるとはキリストが誕生し、十字架と復活という救いの出来事を成し遂げただけではありません。神の計画はそれで完成ではなく、この救いの福音がすべての人に告げ知らせなけれななりません。だから、時が満ちて、ペンテコステに弟子たちの群れに聖霊が降り、教会ができたのです。私たちは聖霊によって教会に導かれ、キリストに出会い、救いを得ることができました。三位一体という言葉は聖書には出て来ませんが、今日の御言葉はこのことをはっきりと教えてくれます。
*私たちは先行する恵みに招かれています。先行する恵みとは、私たちが気づく前に、すでに神の恵みが私たちに先行してあるということです。私たちはそれぞれキリストに出会う経験をしました。もし人生が順風満帆であったらキリストに出会わなかったかも知れません。それは偶然ではなかったのです。私たちの人生は神の御計画の中にあるのです。そのことを信じて歩みましょう。
posted by nakamuracho at 12:36| Comment(0) | 礼拝記録