2021年01月10日

2021年1月10日主日礼拝

2021年1月10日降誕節第3主日

<教会学校>
聖書:マタイ福音書6章3−13節
説教:「天にまします我らの父よ、聖名をあがめさせたまえ」鹿村兄」
出席:幼小5, 中高1, 父母4, 教師10

<主日礼拝>
聖書:マタイ福音書3章7−17節
讃美歌:22、124、121
交読詩編:詩編2編
説教:「主イエスの洗礼」小友絹代牧師
出席:30名(子供2)
*礼拝後に役員会しました。
*今週13日(水)午前10:30より聖書研究祈祷会をいたします。
<説教要旨>
*洗礼者ヨハネは悔い改めの洗礼を説いていた。彼は救い主を待っていたが、それは裁きの救い主であった。
けれども、ヨハネは主イエスと出会い、変えられた。自分は主イエスの足元にも及ばず、主イエスのために道を整える存在にすぎないと悟った。
*ヨハネは、主イエスが来られた以上、自分の使命は終わったと知った。にもかかわらず、主イエスはそのヨハネから洗礼を受けようとされた。ヨハネは戸惑ったが、主イエスに従った。これが主イエスの洗礼である。
*主イエスの姿は旧約の預言者イザヤのとおりであった。神が我々の罪を贖うために我々と同じ人間になられたのである。主は王であるのに僕となられた。「主御自身、試練を受けて苦しまれたれたからこそ、試練にある者たちを助けることができるのである。」(ヘブル書2:18)このように私たちの僕となり、最後は十字架の死によって、すべてを私たちに与え尽くするために、主は地上の歩みを進めるのである。それが主イエスの洗礼の意味である。


posted by nakamuracho at 19:03| Comment(0) | 礼拝記録

2021年01月03日

2021年1月3日主日礼拝

2021年1月3日降誕節第2主日礼拝

<教会学校>
聖書:マタイ2章1−12節
説教:「学者たちの礼拝」小友絹代牧師
出席:幼小3, 中高0, 父母3, 教師9
<主日礼拝>
聖書:  マタイ3章13−23節
讃美歌: 411、二編1、296
交読詩編:1編
説教:  「悲しみを越えて」
出席:  32名(子供2)
*今週の集会はありません。
*教会学校で作成した2021年のカレンダーを200円で販売します。
<説教要旨>
*東方の学者たちが帰ったあと、ヘロデ王はベルテレム周辺の2歳以下の男の子を皆殺しにしました。
クリスマスの喜びの直後にそのような惨い出来事がありました。これについてエレミヤの預言が引用
されます。ラケルは息子たちを失って泣き、慰められることすら拒んだ、と。
*ラケルの嘆きは、イスラエルの子ら、すなわちユダ王国の人々が捕囚された嘆きを語る預言でした。
それがベツレヘムでの幼児皆殺しの嘆きと重ねられています。幼児殺害は惨いことです。クリスマスの
喜びは嘆きに変わるのです。クリスマスの嘆きは私たちの世界と重なります。
*しかし、喜びが嘆きに変わるだけで終わるのではありません。エレミヤの預言はラケルの嘆きで終わ
ってはいないからです。引用されたエレミヤ書31章15節の次には「あなたの将来に希望がある」と記さ
れているからです。そうです。悲しみの向こうに希望があるのです。聖書はそれを教えます。悲しみを
越えて、希望を携えて私たちは歩みます。コロナ禍の中で、新しい年を迎えました。さあ、悲しみを越
えて進み行きましょう。
posted by nakamuracho at 16:00| Comment(0) | 礼拝記録

2020年12月27日主日礼拝

2021年12月27日降誕節第1主日
<教会学校>
聖書:ルカ2章8−20節
説教:「羊飼いたちの礼拝」高神学生
出席:幼小5, 中高2, 父母5, 教師9
<主日礼拝>
聖書:マタイ2章1−12節
讃美歌:20、115、二編52
交読詩編:27編
説教:「東方の学者たち」小友絹代牧師
出席:29名(子供1)
*24日の燭火礼拝の出席は18名、26日(土)讃美歌カフェは10名でした。
<説教要旨>
東方の学者たちは、神の救いから排除された異邦人です。けれども、その彼らが真っ先に主に
招かれました。彼らが宝物を捧げたことは献身のしるしです。私たちも彼らと同じように、主
に招かれました。彼らが主にひれ伏して拝み宝を捧げたように、私たちも主を礼拝し、主から
受けた恵みに応えて歩みます。礼拝を守ることこそ、私たちの献身の証です。


posted by nakamuracho at 14:08| Comment(0) | 礼拝記録