2021年03月28日

2021年3月28日主日礼拝

2021年3月28日受難節第6主日(棕櫚の主日)

<教会学校>
聖書  マルコ福音書15章21−32節
説教  「主イエスの十字架」
出席  幼小3、中高1、父母3、教師8

<主日礼拝>
聖書   マタイ福音書27章32−56節
讃美歌  54、138、262
交読詩編 詩編118編19−29節
説教   「十字架の神の子」小友絹代牧師
出席   29人(子供1)
*礼拝後に短時間で大掃除をしました。
*2日(金)午後3時より受難週祈祷会をいたします。
*3日(土)午後1時半よりイースターエッグ作りをいたします。
*次週イースター礼拝より新しい聖書を使用します。
*次週礼拝前10:00に臨時役員会をいたします。
<説教要旨>
*主イエスの受難を記す福音書の物語は主イエスの苦痛については語らず、それを取り巻く人々の姿を詳述している。人々の主イエスに対する侮辱が中心である。、それ、すべての人々がその侮辱に加わったということを物語る。言葉の暴力。「神の子なら自分を救え」は残酷な言葉である。
*なぜ、主イエスはそのような惨い死を自ら引き受けたのか。なぜ他人を救って自分を救わなかったのか。それは、神の子が死ぬ以外に、私たちの罪の赦しは不可能であったからでらる。主イエスが罵りと侮辱を受けたのは、私たちの代わりに主イエスが罪を引き受けられたということである。
*エリ、エリ、レマ、サバクタニは神に見捨てられた者の絶望の言葉である。この言葉を神の子イエス・キリストが自ら語ることによって私たちは救われた。それは、神は私たちを決して見捨てないことを保障しているのである。この十字架で死んだお方こそ私たちの救い主である。


posted by nakamuracho at 14:28| Comment(0) | 礼拝記録

2021年03月24日

2021年3月21日主日礼拝

2021年3月21日受難節第5主日礼拝

<教会学校:卒業礼拝>
聖書  マルコ福音書14章43−52節
説教  「主8イエスの逮捕と逃げる弟子」小友聡牧師
出席  幼小4、中高1、父母3、教師9

<主日礼拝>
聖書:  マタイ福音書20章22−28節
讃美歌: 73、268、285
交読詩編:詩編91編
説教:  「仕えるために」
出席:  30名(子供2)
*礼拝に高アンナ神学生の送別会をしました。高姉は東京神学大学大学院を修了し、4月から
東北学院中学高校の聖書科教師として遣わされます。
*今週24日(水)午前10時半より聖書研究祈祷会があります。
*今週27日(土)午後2時より讃美歌カフェがあります。なお、1時半から森清子姉の納骨式が
教会墓地で行われます。
*来週礼拝後に短時間で大掃除をします。
*Eテレ「こころの時代」最終回の再放送が27日(土)午後1時の予定ですが、高校野球の放送
がある場合は、深夜1時からに変更となります。

posted by nakamuracho at 23:25| Comment(0) | 礼拝記録

2021年03月14日

2021年3月14日主日礼拝

2021年3月14日受難節第4主日

<教会学校>
聖書  マルコ福音書14章27−31節
説教  「裏切りの予告」高アンナ神学生
出席  幼小6、中高0、父母4、教会10

<主日礼拝>
聖書   マタイ福音書17章1−13節
讃美歌  28、132、二編44
交読詩編 詩編145編
説教   「イエスの姿が変わる」
出席   30名(子供2)
*高アンナ神学生は東京神学大学院を修了し、4月より東北学院中学高校の聖書科教師をして遣わされます。
*礼拝堂中央部の天井から木片が落下し、その修理をいたしました。
*新年度の教会スケジュールができました。
<説教要旨>
*高い山で主イエスの姿が変わった。その主イエスの前に、モーセとエリヤが現れた。それは、主イエス
がやがて十字架に架かり、メシアとして御業を成就することを示していた。このときに聞こえて来た声は、
主イエスが洗礼を受けるときに天から聞こえて来た声である。それは主イエスがどなたかを示す。
*この出来事は、復活の時の主イエスと同時に、最後の審判の時の主イエスを示している。私たちはこの
主イエスの前に立っているのである。主イエスは「起き上がれ、恐れるな」と言われる。
*今、恐れが私たちをむしばみ、恐れから私たちは逃れることができない。けれども主イエスは私たちと
共におられ、「恐れることはない」と言われる。人はいつでも誰かに見守られていることに安心感を覚え
るものだ。そういう安心感を主イエスが私たちに与えて下さるのだ。しかし見守られていると同時に、私
たちには緊張感がある。それを大事にしよう。主の御前で身が引き締まる。主に喜ばれるように、恵みに
応える歩みをしよう。
posted by nakamuracho at 13:38| Comment(0) | 礼拝記録