2021年04月25日

2021年4月25日主日礼拝

2021年4月25日復活節第4主日

<教会学校>
聖書  マルコ福音書1章14−15節
説教  「神の福音を宣べ伝え始める」藤川いつ子姉
出席  幼小3、中高1、父母2、教師7

<主日礼拝>
聖書   ヨハネ福音書11章17−27節
讃美歌  1、156、168
交読詩編 詩編138編
説教   「イエスは復活また命」
出席    36名(子供1)
*礼拝後に定期教会総会を致しました。現住陪餐会員 22名出席。
*今週28日(水)午前10:30より聖書研究祈祷会があります。
<説教要旨>
*ラザロは死んで墓に葬られ、すでに四日も経っていた。そのラザロの姉妹マリヤとマルタのもとに主イエス
はやって来た。主イエスはマルタに言われた「あなたの兄弟は復活する」と。それを聞いて、マルタは「終わりの日の復活は知っている」と答えた。その答えは、ユダヤ教ではそのように言われているということであって、マルタの信仰ではなかった。しかし、主イエスはマルタの信仰を問い、そして言われた。「私を信じる者は、死んでも生きる。生きていて私を信じる者は誰も、決して死ぬことはない。」
*私たちはどうか。一般的な信仰告白ではなく、今、自らが確かな信仰に生きているだろか。主イエスは地上の、肉体的死について語られたのではない。今、信じる私たちが死を超える霊的命に与っていると教えたのである。私たちは神との関わりにおいて永遠の命の中にすでに置かれているのである。私たちの現在の信仰において、私たちはすでに死を超える永遠の命に与り、キリストのものとされている。それは誰も奪うことができないものである。キリストのものとされていることを共に喜び、信仰に生きよう。
posted by nakamuracho at 16:49| Comment(0) | 礼拝記録