2021年05月30日

2021年5月30日主日礼拝

2021年5月30日聖霊降臨節第3主日

<教会学校>
聖書  マルコ福音書2章1−12節
説教  「主イエス、中風の人をいやし、罪を赦す」久慈姉
出席  幼小4、中高0、父母2、教師10

<主日礼拝>
聖書   エフェソの信徒への手紙1章3−14節
讃美歌  67、500、282
交読詩編 100編
説教  「恵みによって」小友聡牧師
出席   33名(子供1)
*6月20日(日)主日礼拝に山森風花伝道師をお招きします。

<説教要旨>
*天地創造の前から神はキリストによって私たちを愛し、私たちを選んでくださったと記されます。父なる神は天地創造の前に、独り子キリストを地上に遣わし私たち人間の罪を赦す計画を定めておられました。このキリストの選びによって、キリストを信じる私たちもまた神に選ばれ、神の子とされるのです。私たちが生まれる前から選ばれていたということはそういうことです。
*「時が満ちるという御計画のため」と記されています。時が満ちるとはキリストが誕生し、十字架と復活という救いの出来事を成し遂げただけではありません。神の計画はそれで完成ではなく、この救いの福音がすべての人に告げ知らせなけれななりません。だから、時が満ちて、ペンテコステに弟子たちの群れに聖霊が降り、教会ができたのです。私たちは聖霊によって教会に導かれ、キリストに出会い、救いを得ることができました。三位一体という言葉は聖書には出て来ませんが、今日の御言葉はこのことをはっきりと教えてくれます。
*私たちは先行する恵みに招かれています。先行する恵みとは、私たちが気づく前に、すでに神の恵みが私たちに先行してあるということです。私たちはそれぞれキリストに出会う経験をしました。もし人生が順風満帆であったらキリストに出会わなかったかも知れません。それは偶然ではなかったのです。私たちの人生は神の御計画の中にあるのです。そのことを信じて歩みましょう。
posted by nakamuracho at 12:36| Comment(0) | 礼拝記録