2021年06月27日

2021年6月27日主日礼拝

2021年6月27日聖霊降臨節第6主日

<教会学校>
聖書   マルコ福音書3章31−35節
説教   「主イエスの家族とされる」関姉
出席   幼小4、中高0、父母1、教師10

<主日礼拝>
聖書   ヨハネの手紙位置4章7−10節
讃美歌  73、352、二編12
交読詩編 84編
説教   「ここに愛があります」山森風花伝道師
出席   39名(子供2)
*本日、説教された山森風花先生はかつて神学生時代に中村町教会に出席し、教会学校の教師と
して奉仕をしてくださいました。

<説教要旨>
*この手紙は、傷ついた共同体に書き送られた手紙である。内部分裂している教会に、互いに愛し
合いましょうと勧められている。なぜ教会では愛し合うべきなのか。それはヨハネ福音書3章16節が
説明する。「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。御子を信じる者が一人も
滅びないで、永遠の命を得るためである。」
*神が御子を遣わしたのは、このお方が私たちの罪を贖ういけにえとして自らを捧げたということ。
この出来事が私たちに告げられている。それゆえ、私たちは互いに愛し合うようにと勧められるので
ある。したがって私たちが愛し合うのは、私たちにそれができないゆえに、神の賜物である。愛する
ことができない現実を私たちは抱えている。その傷ついた共同体に愛が語られている。それは今、私
たちに語られていることなのである。
posted by nakamuracho at 15:02| Comment(0) | 礼拝記録