2022年08月02日

2022年7月31日主日礼拝

2022年7月31日聖霊降臨節第9主日

<教会学校>
聖書   出エジプト記3章1−12節
説教   「モーセの召命」小友牧師
出席   幼小2、中高4、父母2、教師7

<主日礼拝>
聖書   コリントの信徒への手紙二6章1−10節
讃美歌  55、404、298
交読詩編 19編
説教   「今こそ恵みの時」
出席   24名(子供0)
*8月の役員会、聖書研究祈祷会、讃美歌カフェはお休みします。

<説教要旨>
*パウロは「神の恵みをいたずらに受けてはなりません」と語る。この「神の恵み」
とは、キリストが私たちの罪の身代わりとなって、十字架でし遂げられ、それによっ
て私たちがキリストに命を与えられたということである。この恵みを無駄にしないた
めにはどうしたらよいか。聖書には「今こそ恵みの時、今こそ救いの日」と書かれて
いる。
*今こそ恵みの時とは、今日の日曜日のこと。日曜日ごとに、私たちは教会で「神から
いただいた恵み」を知る。なぜ日曜日に礼拝するのか。それはこの日にキリストが甦っ
たからである。礼拝はただ過去の救いの出来事を想起するのではない。礼拝は、救いの
出来事が今ここで起こっていることを体験するのである。いつでも「今日、キリストは
甦った」と告白するのである。
*過去ではなく、今日、この日キリストは死者の中から甦った。キリストは今ここに生
きておられる。このお方を礼拝する。それゆえに、今こそ恵みの時、今こそ救いの日な
のである。ディケンズの小説「クリスマスカロル」の主人公がクルスマスを悟ったのと
同様である。今こそ恵みの時であること私たちは礼拝で知り、この日を喜ぶのである。
神からいただいた恵みを共に味わい、共に生きるのが教会である。
posted by nakamuracho at 18:09| Comment(0) | 礼拝記録