2020年08月16日

2020年8月16日主日礼拝

2020年8月16日聖霊降臨節第12主日礼拝

聖書:  ヨハネの手紙一D章105節
讃美歌: 7、259、296
交読詩編: 詩編46編
説教:  「世に打ち勝つ」小友聡牧師
出席者: 29名(子供1名)

*教会学校は9月6日(日)から礼拝を再開する予定です。
<説教要旨>
*イエスが神の子であると信じる者は世に打ち勝つということが約束されます。イエスが神の子である
と信じるということは、使徒信条で告白されたことです。私たちもそれを告白します。それならば、世
に打ち勝つとはどういうことか。世に打ち勝つとは、この世を敵とし、この世と対決して勝利するとい
うことでしょうか。しかし、それは短絡的過ぎます。私たちもこの世で生きているからです。「世に打
ち勝つ」とは、むしろこの世でさまざまな葛藤や悩みを経験しながらも、キリストを信じ、キリストに
従って生きていく。そういう生き方を教えているのではないでしょうか。
*「世に打ち勝つ」とは、ヨハネによる福音書16章33節が手がかりになります。そこに「あなたがたは
世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている」と書かれています。この
最後の「世に勝っている」は「世に打ち勝つ」と同じ言葉です。私たちも世で苦難があります。この「苦
難」はルター訳ではAngst「不安」です。今、私たちは世でコロナ禍という不安があります。けれども、主
イエスは「勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている」と言われました。世で不安があっても、
勇気を出して歩んでいく。キリストを信じて歩んでいく。それが「世に打ち勝つ」ことだと聖書は教えて
います。他者を愛するという掟を守り、勇気を出して、今週も世に打ち勝つ歩みをしましょう。
方を
posted by nakamuracho at 15:55| Comment(0) | 礼拝記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: