2021年01月31日

2021年1月31日主日礼拝

2021年1月31日降誕節第6主日礼拝

<教会学校>
聖書:マタイ福音書6章25−26節
説教:「われらの日用の糧をきょうも与えたまえ」土肥姉
出席:幼小3, 中高1, 父母3, 教師10
<主日礼拝>
聖書:  ヨハネ福音書15章1−11節
讃美歌: 7、332、354
交読詩編:詩編23編
説教:  「まことのぶどうの木に留まる」高アンナ神学生
出席:  31名(子供1)
*本日は高アンナ神学生が説教を担当してくださいました。高神学生は3月に東神大を卒業し、
伝道師として遣わされて行く予定です。
*4月から、礼拝で使用する聖書を聖書協会共同訳に切り替える計画です。
*次週礼拝で聖餐式を執行します。
<説教要旨>
*まことのぶどうの木の譬えの背景には、イスラエルの歴史がある。神から離れたイスラエルは
実を結ばないぶどうの木を示唆している。それに対して、主イエスは「私はまことのぶどうの木」
と言われたのである。
*実を結ばない枝は取り除かれる。我々がまさにそういう存在である。けれども、主イエスは「私
につながるならば、実を結ぶ」と言われた。我々が主イエスにつながるのは難しいことではない。
我々が枝になるのではなく、我々はすでに枝とされているのである。努力せよと命じられているの
ではない。主イエスというまことのぶどうのの木に留まるのである。それは我々が主イエスの言葉
を信頼すること。主イエスに留まり、主イエスから命を与えられて生きるのである。
posted by nakamuracho at 13:14| Comment(0) | 礼拝記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: