2021年02月28日

2021年2月28日主日礼拝

2021年2月21日受難節第2主日

<教会学校>
聖書:出エジプト記20章1−22節
説教:「神を愛しなさい」久慈姉
出席:幼小7、中高0、父母5、教師10
*オリジナル子供さんびか「十戒」を皆で歌いました。
<主日礼拝>
聖書:  マタイ福音書12章22−32節
讃美歌: 26、267、399
交読詩編 130編
説教:  「悪霊を追い出す」小友絹代牧師
出席:  37名(子供2)
*深澤和代姉の葬儀が23日に行われ、納骨式は4月11日(日)午後に教会墓地で行う予定です。
*礼拝後に予算委員会をいたしました。
<説教要旨>
*主イエスは目が見ず、口がきけない人を癒された。群衆は主イエスをダビデの子とほめたたえた。
しかし、ファリサイ派の人々は、悪霊の頭ベルゼブルによって悪霊を追い出しているのだと中傷した。
これはファリサイ派の人々が妬んだからである。
*病人が癒されたことを喜ぼうとしないファリサイ派に主イエスは反論した。実は、皮肉なことに、
彼らも同様に悪霊を追い出していたのである。主イエスはそれを揶揄した。
*主イエスはこの癒しによって、神の国が近づいたことを証したのである(28節)。病人は悪霊に支配
されていた。それが癒されることは、神の支配に招き入れられているということである。主イエスは御
自分を略奪者に喩える。それは、主イエス御自身が十字架によって救いを成し遂げることを意味してい
る。その主が私と共に戦えと私たちを招いているのである。私たちにすでに救いが与えられていることを
否定することが「聖霊に言い逆らうこと」である。主イエスによって救いは与えられ、その救いに私たち
は招かれているのだ。それはどんなに幸いなことか。
posted by nakamuracho at 14:39| Comment(0) | 礼拝記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: