2021年07月18日

2021年7月18日主日礼拝

2021年7月18日聖霊降臨節第9主日

<教会学校>
聖書:  マルコ福音書4章35−41節
説教:  「嵐を静める」
出席:  幼小3、中高6、父母2、教師9

<主日礼拝>
聖書:   ローマの信徒への手紙9章19−28節
讃美歌: 15、79、二編59 
交読詩編: 19編
説教:  「大いなる寛容」
出席   34名(子供2)
*礼拝において山下聡志兄の教会学校教師任職式をしました。
*今週24日(土)午後2:30−3:30に讃美歌カフェがあります。

<説教要旨>
*パウロはイスラエルの民と異邦人との関係について語る。もともと神はイスラエルを神の民と
して選んだ。異邦人を選ばなかった理由を問うことはできない。造られた者が造った者に文句を
言うことはできないのである。
*しかし、神は異邦人を憐れみの器とした。それはホセアの預言が示す通り。神は我が民ではな
い者を我が民と呼ぶのである。それは、キリストが私たちの罪を皆引き受けて、十字架で贖いの死
を遂げられたことによって成就した。私たちは欠けた器だが、神によって憐れみの器と変えられた
のである。
*この神による恩寵について、神は大いなる寛容をもって忍耐されたと表現される。私たちは皆、
この「大いなる寛容」によって赦されている。神御自ら私たちに寛容を示してくださったゆえに、
私たちもまた寛容を失ってはならない。コロナ禍の中、寛容が失われているのではないか。自分の
狭い価値観で事柄を短絡的に決めつけず、寛容に生きる歩みをしよう。
posted by nakamuracho at 12:50| Comment(0) | 礼拝記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: