2022年03月27日

2022年3月27日主日礼拝

2022年3月27日受難節第4主日

<教会学校>
聖書   マルコ福音書15章1−15節
説教   「主イエス、ピラトから死刑判決を受ける」藤川姉
出席   幼小2、中高0、父母1、教師7

<主日礼拝>
聖書   マルコ福音書9章2−10節
讃美歌  15, 324,332
交読詩編 30編
説教   「キリストの変容」小友聡牧師
出席   32名(子供1)
*礼拝前に臨時役員会がありました。
*礼拝後に大掃除をしました。

<説教要旨>
*主イエスはペトロ、ヤコブ、ヨハネを連れて高い山に上った。その山で主イエスの姿が変わり、真っ白に輝いた。するとモーセとエリヤが現れた。そして、雲の中から「これは私の愛する子、これに聞け」という声が聞こえた。主イエスの変容は、主イエスが神から遣わされた救い主であることを示すと同時に、これから苦難の道を歩み、十字架の死を遂げ、復活することを示したのである。ペトロたちはそれを理解できなかった。
*モーセとエリヤが現れたのは、旧約における神の救済計画が主イエスに置いて成就するということを証言している。しまし、モーセとエリヤは苦難を経験した人物であることが重要である。したがって、「これは私の愛する子、これに聞け」という信仰への促しにおいて、信じることが苦難と結びつくことが示唆される。パウロ曰く「あなたがたはキリストを信じるだけでなく、キリストのゆえに苦しむことも恵みとして与えられている(フォリピ1:29)。キリストを信じて歩んでも、苦難があり、無力感に襲われる。しかし、私たちが主を信じることにおいて苦しむことが含まれているのだ。主を信じて歩んで行こう。

posted by nakamuracho at 13:10| Comment(0) | 礼拝記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: