2022年07月24日

2022年7月24日主日礼拝

2022年7月24日聖霊降臨節第8主日

<教会学校>
聖書   創世記45章1−8節
説教   「宰相ヨセフ」関姉
出席   幼小3、中高4、父母2、教師8

<主日礼拝>
聖書   テモテへの手紙一3章14−16節
讃美歌  3, 352, 191
交読詩編 119編129−144節
説教   「神からの真理」小友絹代牧師
出席   26名(子供0)
*今週27日(水)午前10:30より聖書研究祈祷会があります。

<説教要旨>
*パウロはテモテに手紙を書いたが、当時、パウロは深刻な状況にあった。パウロは教会の伝道の現場か
らこのテモテに手紙を書き送った。今日の御言葉に、教会の土台は神の真理であり、それは敬虔の秘義だ
と書かれている。その秘義とは、キリストによって明らかにされた真理である。引用されている16節の言
葉は教会で歌われていた讃美歌である。これは1章15節の「キリストは罪人を救うために世に来られた」
ということである。パウロはこのことをテモテに伝えようとしている。
*テモテはパウロの弟子であり、信仰によるまことの子と呼ばれている。テモテはしかし、同時にパウロ
の同労者でもある。パウロはテモテに支えられた。テモテのお蔭でパウロは伝道者として生きることがで
きた。テモテを信頼していられたからこそ、パウロは伝道者であり続けることができたのである。伝道者
もまた信徒も同じである。仲間がいるからこそ信仰生活ができるのである。


posted by nakamuracho at 12:59| Comment(0) | 礼拝記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: