2022年08月21日

2022年8月21日主日礼拝

2022年8月21日聖霊降臨節第12主日

<教会学校>
聖書  出エジプト記20章1−17節
説教  「シナイの契約」小友絹代牧師
出席  幼小3、中高3、父母3、教師8

<主日礼拝>
聖書  エフェソの信徒への手紙5章21節〜6しぃう4節
讃美歌 8, 434, 344, 541
交読詩編 75編
説教  「人は妻と結ばれ」
出席  29名(子供2)
*教会学校教師会は延期し、本日行います。
*礼拝に山森風花先生、文也兄が出席されました。

<説教要旨>
*エフェソの信徒への手紙5章21−33節で、妻と夫についてパウロは教える。妻は夫に従え、夫は
妻を愛しなさい。そう勧められる。これは教会の結婚式でよく読まれる言葉で、よく知られている。
しかし、これは喩えによって教えられている。それは、キリストと教会の喩え。キリストが夫であり、
教会は妻である。キリストは教会を愛するのである。また教会はキリストに従うのである。キリスト
と教会の関係が夫と妻の関係、在り方に喩えられる。
*今日の御言葉の結論は、妻は夫に従い、夫は妻を愛しなさいということ。けれども、パウロは教会
という主題において教えていることが重要である。パウロはたくさんの手紙を書いているが、パウロ
の教会はには、抱えているたくさんの問題があり、理想的な教会ではない。夫婦関係も同様である。
*パウロは夫婦関係について、ただ単に模範的で理想的なことを教えているのではない。私たちにお
いても、夫婦のあり方に理想的とはいえない現実がある。そういう現実において、今日の御言葉は慰
めを与え、大切なことに気づかせてくれる。キリストは教会を愛しておられるではないか。教会はキ
リストを信頼し、キリストに従うではないか。それならば、どうしてあなたは今、妻を愛することが
できないのか。それならば、どうしてあなたは今、夫を敬うことができないのか。聖書はそのように
私たちに問いかけているのである。

posted by nakamuracho at 13:14| Comment(0) | 礼拝記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: