2022年09月11日

2022年9月11日主日礼拝

2022年9月11日聖霊降臨節第15主日

<教会学校>
聖書   士師記7章1−7節
説教   「ギデオンの戦い」鹿村兄
出席   幼小3、中高2、父母2、教師10

<主日礼拝>
聖書   第1コリント13章1−13節
讃美歌  11, 321, 二編184
交読詩編 91編
説教   「最高の道」小友聡牧師
出席   35名(子供2)
*礼拝後に教会学校教師会をしました。
*今週14日(水)午前10:30より聖書研究祈祷会があります。

<説教要旨>
*第1コリント13章は愛の章と呼ばれ、結婚式で必ず読まれる箇所である。けれども、最初に記される
のは、異言、信仰、施しの問題であり、愛がなければ無益だと語られる。この背景にはコリント教会の
事情がある。異言を語る人々は熱狂的に大声で語る。それは、愛がなければどらやシンバルを叩く音と
同じだとパウロは言うのである。
*しかし、預言はすたれ、異言は止み、知識もすたれるのだ。いつまでも残るのは信仰、希望、愛で
あり、そのうち最も大いなるものは愛であると言われる。最も大いなるものはなぜ信仰ではないのか。
なぜ希望ではないのか。コリント教会の問題も、原因は信仰ではなく、愛の欠如だということが示唆さ
れているかもしれない。それは今日の私たちの教会についても言えることである。
*なぜ信仰、希望、愛の中で愛が中心になるのだろうか。エミール・ブルンナーはこう説明する。信仰
はこれまで私たちが信じて来た生き方であり、信仰の根拠は過去にある。それに対し、希望は未来のこ
とで、私たちは将来に希望を置いて生きる。つまり、過去に土台を持つ信仰を大切にし、また未来に希
望を持って私たちは生きる。信仰も希望も大切で、それなしでは生きられない。しかし、最も大切なの
は愛である。愛は過去形ではなく、未来形でもない。愛は常に現在形である。この愛が信仰をも希望を
も包み込む。愛が信仰と希望をつなぐ。だから、愛が最も重要なのだ。この愛はキリストの愛、アガペ
ーの愛である。私たちはこの愛を与えられている。それゆえにこの愛に応えて生きるのである。
posted by nakamuracho at 14:41| Comment(0) | 礼拝記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: