2022年10月30日

2022年19月30日主日礼拝

2022年10月30日降誕前第8主日

<教会学校>
聖書   列王記上8章27−34節
説教   「ソロモンと神殿」奥野姉
出席   幼小3、中高2、父母2、教師9

<主日礼拝>
聖書   使徒言行録3章1−10節
讃美歌  15, 234A, 502
交読詩編 19編
説教   「イエスの名の現れるところ」新佐依子牧師
出席   38名(子1)
*本日は元丸亀教会牧師の新佐依子先生を説教者としてお招きしました。
*次週は聖餐式を執行します。
*11月13日(日)は児童祝福礼拝です。9時からの教会学校はありません。

<説教要旨>
*ペトロとヨハネが神殿も境内に入ろうとすると、そこに足の不自由な人が運ばれてきて、施しを
請うた。彼は神殿の門に置かれていたのである。置かれていたとは、物として扱われていたという
ことである。彼は生きる誇りすら奪われ、心も感覚を失っていたに違いない。自分にさえ心を閉ざ
していたのだ。障碍者として社会から排除されてきたのである。
*ペトロはその人を見つめた。そのまなざしは彼を人として見るまなざしであった。「イエス・キリ
ストの名によって立ち上がり歩きなさい」というペトロの言葉で彼は立ち上がり、躍り上がって歩き
出し、神を賛美した。こういう奇跡が起こった。
*ペトロの言葉がその奇跡を引き起こした。その言葉は神の言葉である。単なる言葉ではない。その言
葉は心に届く言葉である。イエスキリストが世に来て下さり、体を持って私たちに示してくださったと
いうことである。言葉は人との関わり中で、体を持った触れ合いによって伝わるも。その言葉によっ
て、足の不自由な障碍者は立ち上がったのである。私たちもこの言葉によって生きる。このような言葉
を語る人になろう。
posted by nakamuracho at 17:09| Comment(0) | 礼拝記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: