2022年11月20日

2022年11月20日永眠者記念礼拝

2022年11月29日降誕前第5主日

<教会学校>
聖書  歴代誌下36章11−23節
説教  「王国の滅亡」佐々木兄
出席  幼小2、中高2、父母0、教師9

<主日礼拝>
聖書   第1テサロニケ4章13−18節
讃美歌  7, 489, U136
交読詩編 90編
説教   「主が来られる時まで」
出席   34名(子供1)
*礼拝後に、小平霊園に有志で墓参をいたしました。
*謝恩日献金をいたします。指定の献金袋があります。

<説教要旨>
*1973年以降、中村町教会で天に召された教会員は105名です。この「1年間に4名の姉妹たちが
天に召されました。いずれも要会で掛け替えのない方々で、キリスト者として生涯を全うされま
した。私たちはこれらの方々の志を受け継ぐ者たちであり、また生き残った者たちです。
*聖書は「眠りに就いた人たち」と繰り返しますが、眠りに就くとはやがて復活するという望み
があるからです。復活を信じるとは現代では非常識と言われそうですが、教会では毎週、使徒信
条で「体の甦り、とこしえの命を信ず」と私たちは告白しています。死はすべての終わりではな
く、主が来られる時に使者は甦るのです。希望を持たない他の人のように嘆き悲しまないでほし
いと聖書は教えてくれます。
*今日の御言葉において、決定的に大事なことは、復活を信じる私たちがどう生きるかというこ
とです。4章と5章にそれが具体的に教えられています。特に5章は具体的です。いつも喜び、絶え
ず祈り、どんなことにも感謝せよと書かれています。深い悲しを背負い、今も嘆いている人がい
るでしょう。けれども、生き残ったあなたたちは悲しみ負けず、嘆きにうずくまっていてはいけ
ない。生き残った者には、生きて、与えられた使命を果たす責任があるのですよ、と教えられて
いるのです。涙を拭いて、生きるのです。主が来られる時まで。




























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































posted by nakamuracho at 17:43| Comment(0) | 礼拝記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: