2022年10月02日

2022年10月2日主日礼拝

2022年10月2日聖霊降臨節第18主日

<教会学校>
聖書  サムエル記上3章1−14節
説教  「サムエルへの主の呼びかけ」小林姉
出席  幼小3、中3高、父母1、教師9

<主日礼拝>
聖書   ヘブライ人への手紙9章23−28節
讃美歌  14, 129, 332
交読詩編 98編
説教   「世を贖う救い主」小友聡牧師
出席   38名(子供1)

<説教要旨>
*ヘブライ人への手紙は、キリストが神から遣わされた救い主で、父なる神はこのお方によって救いを
全うされたと語ります。地上には神殿があり、それを司る大祭司が贖いの犠牲を捧げるが、キリストは
神から遣わされた大祭司として、御自分の命をいけにえとして捧げてくださった。このことがヘブライ
人への手紙9章で説明されています。
*キリストは神から遣わされた大祭司としてただ一度地上に現れ、ご自分を犠牲に捧げることによって
救いを完成されました。このことは、ヨハネ福音書3章16節と意味的に繋がります。独り子イエスキリス
トが私たちの罪を赦し、真の命をもたらすために十字架で死に、復活されたことを教えているからです。
*キリストは私たちの永遠の大祭司となって、私たちに赦しを宣言してくださいました。これについて、
ハイデルベルク信仰問答60が教えてくれます。キリストが完全な贖いとなってくださったとは、私たちが
罪を犯し続けているにもかかわらず、何ひとつ罪を犯したこともないかのように、「あなたには罪はない」
とキリストが宣言してくださるということです。キリストが永遠の大祭司であるとはそういう意味なので
す。このお方に導かれ私たちは歩みます。

posted by nakamuracho at 13:22| Comment(0) | 礼拝記録

2022年09月25日

2022年9月25日主日礼拝

2022年9月25日聖霊降臨節第17主日

<教会学校>
聖書   ルツ記1章11−19節
説教   「ルツの民と神」小友聡牧師
出席   幼小2、中高1、父母1、教会8

<主日礼拝>
聖書   第2コリント9章6−15節
讃美歌  13, 381, 270
交読詩編 48編
説教   「心に決めたとおりに」小友聡牧師
出席   30名(子供1)
*今週28日(水)午前10:30より聖書研究祈祷会があります。
*10月16日(日)礼拝後に小友聡牧師によるミニ講演会「コヘレトの言葉は面白い」をいたします。

<説教要旨>
*パウロはコリント教会の信徒たちにおしまず献金するように勧めを書いた。エルサレムの教会の聖徒
献たちのための献金である。献金では喜んで自発的に捧げることが求められる。各自、心に決めたとお
り、喜んで捧げ、与える人になれとパウロは勧める。
*なぜ献金に際して、パウロは「惜しまず与える」ことを求めたのか。これについて、8章9節が説明し
てくれる。キリストは私たちを罪の縄目から救い出すために、神の座を捨てて私たちと同じ人間になり、
私たちの罪をすべて引き受け、身代わりとなって十字架で死を遂げたのである。キリストが私たちのため
に命をも惜しまず与えて下さったから、私たちも喜んで惜しまず与えようではないかと言っているのであ
る。与えられた恵みに応えて生きよということだ。
*主イエスは「受けるよりは与える方が幸いである」と言われた。受けるよりも与える人になる。これは、
キリスト教的な生き方を教えてくれる。献金は私たちの生き方に関わるのである。心に決めたとおりに、
喜んで捧げる人になろう。イスラエルには二つの湖がある。ガリラヤ湖と死海である。ガリラヤ湖からヨ
ルダン川が流れ、死海に注ぐ。ガリラヤ湖は絶えず与えるが、水は澄み、生き物が生息する。しかし、死
海は受けるだけ。この湖に生き物は住まず、死の海である。与える人は人を生かすだけでなく、自らも生き
生きと生きられるのである。与える人になろう。
posted by nakamuracho at 14:23| Comment(0) | 礼拝記録

2022年09月18日

2022年9月18日主日礼拝

2022年9月18日聖霊降臨節第16主日

<教会学校>
聖書   士師記16章23−31節
説教   「ナジル人怪力サムソン」佐々木兄
出席   幼小3、中高3、父母1、教師8

<主日礼拝>
聖書   ガラテヤの信徒への手紙1章1−10節
讃美歌、 12, 354. 385
交読詩編 119編25−32節
説教   「ほかに福音はない」小友絹代牧師
出席   26名(子供0)
*本日、小友聡牧師は目白町教会の礼拝説教奉仕に出ています。
*今週24日(土)午後2:30〜4:00に讃美歌カフェがあります。
posted by nakamuracho at 15:51| Comment(0) | 礼拝記録